忍者ブログ
[PR]
2017 / 10 / 22 ( Sun )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

20:33:05 | | page top↑
六弦者・・・
2010 / 01 / 23 ( Sat )
私はヴォーカリスト(自称・・・)

昔・・・
ギターを演っていたのだが・・・


現在はすっかり割り切って
他人事のように冷静に
周囲のギタリストさん達を観れるようになりました(・人-)


これまた いつもの如く
私的愚論にすぎず誠恐縮ではござるが・・・

最近の六弦者達は
スタイル的に
クールな人が多いな~と感じる今日この頃(-人-)

思考や性格的要素によるものなのか・・・

闘志剥き出し派が
あまり観られなくなった気がする

昔とは違い
機材の進化により
音質への気配りが更にシビアになったから・・・?

周囲においては
私と同じ匂いがするのは
タケル氏くらい・・・かな?




身内を例にして恐縮ではあるが

【Sensitive】時代の猪腰師(-人-)

一見、闘志・・・派に見えたのだが
実は冷静かつクレバー派(-人-)

解脱し
浄土順(-人-)なった現在も変わりない

冷静・・・といっても
冷たくそっけない訳ではない

私も魅かれたひとり
その熱さの表現法は見習うところがある

現在はサングラスで覆ってはいるが
過去は、すさまじい眼力の持ち主であった

現在・・・の熱表現法

もうひとつのポイントである

くち・・・

口の動きである

時折見せる
吼える獅子の如く・・・

これだけでも全然違う・・・


【思考はクールにハートは熱く】

ギタリスト・・・

浄土順(-人-)は
リハの休憩時であっても
スタジオから一歩も出る事はない

私は彼のそういうところが大好きだ

愚かなヴォーカリストが
ロビーで煙草を吸いながら
他メンバーとバカ話をしている時も

常に自問自答の如く
ギターと向き合う姿勢

静かではあるが
凄まじい熱さを感じる

技巧だろうがフィーリングであろうが・・・

まずは自身を知る事

そこから向上心を見出し
情熱をもって挑む姿勢(-人-)


大変大切な事だと思うのです(-人-)








PR

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

16:24:13 | Matshu room | page top↑
<<試練・・・ | ホーム | 死線上における・・・・>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ